興味を持ったことについて徒然
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
アビエイター
評価:
ジョン・ローガン
松竹
¥ 980
(2005-08-27)
コメント:プレミアムエディションの特典映像、みたいなあ…

JUGEMテーマ:映画の感想

 インセプションにちなんで借りてみたDVD、ディカプリオ主演のアビエイター。


大富豪で、映画製作者であり実業家であり飛行家の、ハワード・ヒューズの半生。
それを描いたこの作品。
長かったけど飽きることなく楽しめた!


何より主役であるハワード・ヒューズのキャラクター。その魅力が半端ないです。
ディカプリオのこのヒューズ役、ぴたっとハマってます。
ジョークみたいに子供みたいだったり潔癖症だったり、プレイボーイだったりで…
色んなシチュエーションに序盤大いに笑ってしまいましたw
(映画に使用するため雲を探して右往左往するらへん、あと牛乳瓶片手にデートとか。)
でも同時に彼の背中に切なさも感じて。


そんな映画や飛行機に固執せんでも〜…と思う一方
母性本能をくすぐられ、どうにも守ってあげたくなっちゃう男なんだハワード・ヒューズ。
好きなのはステーキについてた12粒の豆(何かのジンクスでその数?)、
それを友達に何気なく食べられちゃったところ。
泣きそうな…子供みたいな無防備な表情にそりゃあもうキュンとしたー!


あと飛行機のボディを手のひらでずっと撫でてくところ。
女性の体に触るような手つきでドキドキしたり。
彼にとって女性の体と飛行機は同じくらいクリーンなものだった?


あとあと、彼が女性を口説くとき、耳が悪かったせい?か周りの状況に関わらず(ひやかしとか)
その女の人の目だけ見て、二人だけの世界みたいにして話すんです。
そこがなんかステキでした。
いやただタラシなだけなんだけど…でもどっかピュアな感じがして。
チェッ!ずるいよなあ〜。


彼が浮名を流した女性の中ではケイトがかっこいい!
叶うことなら彼女と幸せになってくれたらよかったなあ。
ケイトの家に招かれて家族と馴染めないでいるヒューズもキュートだった。
二人でいる時のヒューズはどっか子供と母親の関係のようにも見えた。
子供と子供みたいに見える時もあったけど。
この映画の中であの二人が一番好きだったなあ。


と長くなりましたが
鑑賞後、思わずウィキペディア先生で検索するほどハワード・ヒューズに惹かれました。
(彼の病気についても詳しく描かれていて勉強になったのでぜひ見てみると良いですよ!)


心身共に病みながら、傷つきながらも、夢とロマンに生きた「男の子」の話。
彼の辿る切なさも含んだ物語から目が離せなくなりました。
ディカプリオハマり役だと思う…。いいよ〜!


マーティン・スコセッシとレオのこの感じいいなあ。
観終えてシャッターアイランドのことをちらっと思いました。
全然違うけど、またみたい。早くDVDにならんかなあ。
ギャングオブニューヨークもみてみたいぞ!

アビエイター

映画 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>