興味を持ったことについて徒然
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
インセプション
JUGEMテーマ:映画館で観た映画

楽しみにしてたインセプション!観てまいりました。

CGをほとんど使わず撮られたという
夢の中でのアリエナイシーンがどれも美しかったです。
銃撃戦や無重力での戦闘もすごかったけど
特に終盤、畳み掛けるように起こる爆発にはかなり興奮しました。
すげえ!

しかし夢の中でのルールやストーリーが
わたしの頭では一回見た位じゃ理解が難しかった!
分かったような分からんような…?

こうやって観客に考えさせる事が狙い?
アクションや映像だけでなく
見終えて物語についてああだこうだ話せる感じです。

以下ネタバレっぽいのでご注意


最後の回り続けるコマに
上映後色々想像が膨らみました。
どうなのかな〜…
でもこのラストで、全部わかんなくてもいいんだよって
任された感じがしてちょっとホッとしました。

…私見としては色々考えた末

ミッションは成功してコブは子供達にも実際再会出来た。
それでも夢や罪悪感にこれからもコブは囚われて生きてく。
回るコマはその暗喩で…

そう最終的に妄想しました。
でも見終えた直後はなんかそうは思わなかったんだよな…
気になる!

どっちにしても待ちに待った家族との再会の場面ですら
夢か現実かわからないって悲しいなと切なくなりました。

…もっかい見ようかな…


以下雑談的メモ

公式サイトのディカプリオのコメントのオススメシーンどこの事だ?!
気になるぞ〜。
(ブックエンドのように渡辺謙とマリオンコティヤール云々〜という)

渡辺謙さんふつーに馴染んでてなんも言う事ないです。
かっこいいな〜。

あと番宣インタビューみてると
ディカプリオの謙さんへのコメントが
敬意にあふれてて他人事ながら大スターが
なんてカワイイ事言うんだと思ってしまうんだ!
素敵だなあ。
冒頭のスーツ姿で戦う姿もかっこよかった〜。

 

洋画 comments(0) trackbacks(1)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
渡辺謙の堂々たる存在感。 人によっては、更に深く深くストーリーを検証し、違う解釈を導き出される方もおられるだろう。 あまり考え過ぎると、作品さながら夢の中でも考え込んでしまうのでご注意を。 観客の頭脳にも挑戦的で、壮大なスケールで描くお薦め脳内アクショ
| 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ | 2010/07/29 00:46 |
<< NEW | TOP | OLD>>